MR.Mゴキゲン地球計画

「読むだけで自動でゴキゲン脳に進化する方法」無料エナジーメール講座はこちら

本物の褒め方知っていますか?~コペンハーゲンの森の幼稚園、スウェーデンの多彩な教育システムから学んだ教育システム~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1988年、神奈川県相模原市生まれ。週21時間だけ働く数社の経営者&オーナー。学生時代に違和感を感じ、起業し、仕組み化に成功。現在は、ハワイと謎の寒い国をメインで家族で世界中を回るライフスタイルを満期中。何社経営しようが、働く時間は週21時間までがポリシー。 現在は、スピリチュアルからメンズ向けのジム、起業家&プログラマーマッチングサイト、起業家向けのオンラインスクール、おトクな旅行サイトなど多岐にわたるニッチなジャンルで独特のビジネスセンスを元に働かないで働く仕組みを構築。 趣味は、家族とマイワイフとサーフィンとカフェ巡り。 また、自身のライフワークとして、経験から様々なアプローチから少しでも、「日本人にマッチした究極のライフスタイル」を多くの人に構築してもらうよう日々活動している。

コペンハーゲンに引き続き、ストックホルムでも
いくつかの教育機関を訪れています。

1つ1つの仕組みが、とても深く『教育』に
ついて考えさせられる良い機会です。

僕はあえて、考えるために強制的に
予定を入れる部分があり、まずは『足』
を動かして、現地で色々五感で吸収してから
考えるようにしています。

自分の考えを整理したり、確かめる前に
まずは、しっかり『本物』を見る。『リアル』を見る。
そして、感じる、味わう。

これをしっかり行うからこそ、本当のジブンの
声が聞こえ、分かり、自分の考えが見えてきます。

今回の41日の北欧トリップは、また

『人が育つこと』

に関して大きく捉えられ、深く考えられる
時間になりそうです。

昨日、学んだことは『褒める』ことに関して。

僕は、それなりに『褒める』ことで自信が
付き、セルフイメージが上がっていくと
思っていたので、(実際にそういった部分も
ある)なるべく子供が出来ないことを出来た時

(ビジネスのチームなどもモチロンです!)

に全力で褒めるようにしていました。

ですので、親バカではありますが、既に1歳半
にして瞑想も行いますし(5秒程度)、深呼吸
なども覚えました。

しかし、『僕らに褒められる』ことだけを行う
人生にはなってほしくないので、褒めること
に関して何処かで一度考えないと、、と思っていました。

『褒めることはとても大事ですが、常に褒めていると
常態化するので、最初の1回だけ褒めてあとは褒めなくて
いいんですよ。』

昨日、伺ったモンテソーリの先生がふと仰っていた
ことでした。

深い。。

また一方で、コペンハーゲンの森の幼稚園では、
決して『褒めたり』などはしないとおっしゃており
『認識』して『確認』してあげるだけと仰っていました。

『●●ちゃんは、これがしたいんだね。なぜそれを
しようと思ったのだかな?』

などなど行動とその意図を常に確認して『理解』しよう
としていました。決して『褒めたり』や『怒ったり』は
しないとのこと。

そこに『褒める』という評価を行うことによって
『他人軸』の『基準』が無意識に出来上がってしまうので
その『基準』が時にはその子らしさを邪魔してしまう
ことになるので。

結局、褒めるという行為は、評価する立場の価値観
で決まることです。

確かに褒められた側は嬉しいですが、褒めると
いう行為は、常に褒められる行為だけを無意識で
おってしまう人生になってしまうので。

子供を信頼しているからこそ、見守り、ただ
子供の状況だけは常に把握し、理解するように
接すること。

理解して把握する(気にかける)が、
一切評価はしないということ。

まだ、評価されることに価値を置く僕にとっては
違和感ですが、常に理解してくれる環境が
あるのは嬉しいことですよね。

ええ、僕はまだまだ褒めた時の子供の笑顔を
見るのがこの上なく幸せな瞬間ですし、

『ゴキゲン主義』

な人間なので、ゴキゲンな活動をしていった
時は(日々成長!)ドンドン評価していきたいと
思いますし、常に『行動』の背景にある
『意図や想い』を理解していこうと思います。

モチロン、重要なのは、しっかり100%その場所に
存在してしっかり目を見て、対話する時間ですので。

今後のチームとのコミュニケーションにも意識的に
取り入れていきたいと思いました。

ますます、スマホから離れられる時間が増えて
楽しみイッパイです。

河本

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★最新刊「働かない働き方。」★★
八重洲ブックセンター堂々1位獲得★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

働くことは、いつでもすぐにできる。
こんな時代は、必要以上に働かないことだ。

それよりも働かないと決めることで、働くこと以外で、
大事なものを得ることだ。世の中に貢献するという
社会主体のゴールと自由を満喫するという個人主体のゴール。

双方を同時に実現するのが働かない働き方だ。

「働かない働き方。」(1620円)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/443425510X

 

Facebook Comments
この記事を書いている人 - WRITER -
1988年、神奈川県相模原市生まれ。週21時間だけ働く数社の経営者&オーナー。学生時代に違和感を感じ、起業し、仕組み化に成功。現在は、ハワイと謎の寒い国をメインで家族で世界中を回るライフスタイルを満期中。何社経営しようが、働く時間は週21時間までがポリシー。 現在は、スピリチュアルからメンズ向けのジム、起業家&プログラマーマッチングサイト、起業家向けのオンラインスクール、おトクな旅行サイトなど多岐にわたるニッチなジャンルで独特のビジネスセンスを元に働かないで働く仕組みを構築。 趣味は、家族とマイワイフとサーフィンとカフェ巡り。 また、自身のライフワークとして、経験から様々なアプローチから少しでも、「日本人にマッチした究極のライフスタイル」を多くの人に構築してもらうよう日々活動している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 河本真(Mr.M)の公式blog , 2019 All Rights Reserved.